合格率から考える社会保険労務士の資格取得

社会保険労務士試験の合格者の割合でいうと10人に1人の割合で合格者が出ていて、例年8%以下と決して合格率は高くはありません。 勉強を始めてから合格までの平均学習時間も800~1,000時間と楽に合格できる試験ではないのです。 しかし、社会保険労務士試験の合格者の平均受験回数は1~3回で長すぎる春はなかなか訪れないのかも知れません。 合格率から考えると嫌厭してしまう試験のように感じるかも知れませんが、勉強時間や知識不十分の状態で受験する人も多いのです。 国家試験である以上、他の公的試験に比べて難関であることは確かなのですが、その分合格した後の見返りも大きいものです。 企業内で働くにしても、独立して起業するにしても現在の会社員としての収入よりは大抵の人は収入もアップすることでしょう。 資格をより早く取りたい場合の勉強方法として挙げられるのは、通信講座を利用することでしょう。 闇雲に法令集や判例集を読んでもなかなか頭に入ってくるのに時間が掛かりますが、まずは試験に合格するということを目標にしたテキストであれば、要点を抑えて勉強することができます。 また、添削をしてもらうことで自分の弱点を知り、解説をしてもらうことができるので、次回は同じ問題でミスが出すことが少なくなります。 こうしたテスト形式の演習を繰り返すことと、試験までのスケジューリングなどのサポート体制を...
More

社会保険労務士合格の為の効率良い勉強法とは?

社会保険労務士試験に合格するために、持続性があり効率的な勉強法はあるのでしょうか。 通常の人間は欲深いので、試験合格の為の勉強を始めても、その勉強の手ごたえを感じられなかったり、合格という学習に対しての見返りがない状態で勉強だけを続けていくというのは、精神的にも非常に困難なことです。 その為にも効率良い勉強方法が必要となってくるのです。社会保険労務士の試験は、合格者の定員が決まっている訳ではないので、合格基準点に達しているのに足切りに合うという理不尽な点もないので、自分の実力があれば必ず合格することができる試験でもあるのです。 そんな試験に対する勉強方法は、テキストを使って十分に勉強した後に試験が近づいてきたら過去問を解いていくという方法よりも、問題集を解いて、分からない部分を重点的に勉強するという方法です。 法律を扱う試験というのは、難しいと考えられているため嫌厭しがちで考えたこともなかったかも知れませんが、実は日常生活の中にも法律に関わっていることがたくさんあるのです。 ただし、法律特有の言い回しに慣れずに理解し難いことが多いので、まず試験や法律への体制を整えることが先決でしょう。 また、時間の有効活用も大切です。なかなかデスクに座っての勉強時間を取ることは困難でしょうから、移動時間も含め短時間でも集中した学習時間を作り、広範囲に渡る試験問題についての苦手部...
More

どれくらい難しいの?社会保険労務士試験!

巷で難しい・難易度が高いと言われている社会保険労務士の試験ですが、一体どれくらい難しいのでしょうか。 難易度として基準になっている理由の一番は合格率のことを示しているのでしょう。 確かに、年に一度だけ行われる社会保険労務士試験の合格率は10パーセント未満であることが多いですが、実は合格率は近年下がってきているのです。合格率低下の原因として挙げられるのは、資格取得の為、今までは試験を受けることがなかった人達も多く社会保険労務士の試験を受けるようになってきたからとも言われているのです。 ただし、合格者で多いのは30代の会社員といったように、働きながら資格取得の為の勉強をし合格に至っている人が多数いるということでもあるのです。 社会保険労務士の試験に少しでも早く合格をしたいと思うのであれば、直近の過去問を繰り返すことで理解を深めていくことです。 社会保険労務士自体が法律を使った職業であるがために、法改正が行われれば連動して試験の内容も変わってくるのです。 あまり古すぎる問題集やテキストを使っていると、現在施行されている法律とのズレやブレが生じ、誤解答に繋がってしまうのです。 その為にも試験に関する情報収集はマメに行う事が大切ですが、現在は試験直前にはネット等でも予測問題や今年度に改正された法律を検索することが出来るようになりました。 勿論、確認してすぐに自分の知識...
More

社会保険労務士試験合格を独学でつかむ糸口とは?

社会保険労務士の資格を取ろうと勉強を始めるつもりだが、何から始めたら良いか分からない、できればお金をかけたくないという人は独学での勉強を始めてみてはどうでしょうか。 今までの仕事の経験や個々の性格によっても差はありますが、社会保険労務士の資格は独学で取れない訳ではありません。 ですが、勉強を進めていくにあたってコツは必要となってきます。はたしてどんなコツが必要となり、より合格の近道になるのでしょうか。 まず、独学の利点としては、他の勉強法に比べて必要となってくるお金が断然安いこと、そして時間の自由が効くということでしょう。 通学や通信教育で勉強を始めた場合、初期投資額が当然ですが高くなってきます。 独学であれば、自分で選び自分に合った参考書・問題集を使う事ができ、学習時間は拘束されることなく、自分に合ったタイミングで勉強を続けることができます。 独学で合格を掴みとる一番の難関としてはモチベーションの維持であるとも言えます。 もともと勉強が嫌いな人は独学で資格を取ること自体を考えません。ただし、独学というのはその名の通り1人で続けるものなので、自分の意志が強くなければ資格を取るまでの知識があったとしても、合格を手にするまでの気持ちの維持は大変です。 学校のように同じ道を目指す仲間が近くにいる訳でもなく、試験に対する相談相手もいないことから、勉強を続けつつも試験...
More