どれくらい難しいの?社会保険労務士試験!

巷で難しい・難易度が高いと言われている社会保険労務士の試験ですが、一体どれくらい難しいのでしょうか。
難易度として基準になっている理由の一番は合格率のことを示しているのでしょう。

確かに、年に一度だけ行われる社会保険労務士試験の合格率は10パーセント未満であることが多いですが、実は合格率は近年下がってきているのです。合格率低下の原因として挙げられるのは、資格取得の為、今までは試験を受けることがなかった人達も多く社会保険労務士の試験を受けるようになってきたからとも言われているのです。

ただし、合格者で多いのは30代の会社員といったように、働きながら資格取得の為の勉強をし合格に至っている人が多数いるということでもあるのです。
社会保険労務士の試験に少しでも早く合格をしたいと思うのであれば、直近の過去問を繰り返すことで理解を深めていくことです。
社会保険労務士自体が法律を使った職業であるがために、法改正が行われれば連動して試験の内容も変わってくるのです。
あまり古すぎる問題集やテキストを使っていると、現在施行されている法律とのズレやブレが生じ、誤解答に繋がってしまうのです。
その為にも試験に関する情報収集はマメに行う事が大切ですが、現在は試験直前にはネット等でも予測問題や今年度に改正された法律を検索することが出来るようになりました。
勿論、確認してすぐに自分の知識をして蓄積されるのではないため、情報を駆使し過去問にはまだ出題されていない問題に対する対応策も準備しておきましょう。